自分で豊かになるために。

投資全般
スポンサーリンク

大切な事

(※2019.01.15.改訂)
お金を生み出す知識とお金を増やす知識、守る知識が必要です。

殆どの皆さんは日々仕事に励んでいたり、働く人を支えていたり、或いは将来に備えて学校に行ったり技術を身に付けたりしておられる事と思います。

仕事が楽しくて仕方ないとなればそれは本当に幸せな事なのですが、少なからずそうでは無く、それでも生活の為に、お金を稼ぐために仕事をしなければいけません。

『昔は大変だった』的な自慢?話

仕事をしていれば上司や先輩達から「俺が若い頃はもっと大変だった」的な話を聞かされるのは2019年となった今でも定番の展開の様です。
彼らの言う事は一面では事実です。

今50代、60代の方々が若かった頃は大企業でもそもそも土曜日が休みでは無く、その後週休二日制度が導入されても「完全週休二日」と言う言葉が憧れを持って使われる様な勤務体系(多くの企業では隔週土曜出勤と言った体系が残った)でした。

給料的にも若い世代の給料は低く押えられ、加えてサービス残業、休日出勤は当たり前と言う空気が蔓延する社会で、世代で比べれば、明らかに今の若い世代よりも必死になって長時間働いた世代の人達と言えます。

でもそれを真に受けてはいけません

インフレ・経済成長・人口増加期の社会とデフレ・経済停滞 小子高齢化社会では労働を取り巻く環境が違い過ぎます

経済の成長期であれば、普通に働いていても給与や役職が上がる期待が容易に持てます。
高齢者比率が少ない社会であれば、社会保障関連の支出が少なくて済み年金負担も小額で済みます。

仮に同じ水準の給料だとしても、差し引かれる税金や保険料も違えば、将来の収入増への期待値も雇用の安定感も違います。
使える経費も違うし、貯金や保険の効率も老後への安心感も圧倒的に違います。

現在の若い世代が上の世代と同じ様に必死に働かなければならない理由にはならないのです。

寧ろ社会全体で言うと、経済的には美味しい思いをしてきた世代の老後生活を支える為に下の世代が働かなければならない、と言うのが現実に近い捉え方になります。

そうだとしても実際には精一杯仕事をしなければならないと言う人が殆どだと思いますけれども最早、やみくもに働き続けても、高度成長期の様に高い確率で成功や安心が得られる時代では無いと言う事はしっかり認識しないといけません。

これは若い世代に限らず、どの世代にとっても同じ事です。

女性にとっての問題

女性の方にとってはより深刻な問題かも知れません。

専業主婦が主流だった時代と比べれば、家に縛られるウェイトは確かに下がり、自由を手にしつつは有ります。
その一方で出産や育児に関しては女性側の負担は尚大きいままです。
終身雇用が崩れ、結婚を選択しない人も増えています。

女性の方にとっての人生設計は男性以上に重要だと言えるかも知れません。

世の中が女性に経済力を求める方向に進んでいる事も確かです。
ただ女性が経済的に自立するのは簡単な事ではありません。

では、どうする!?

さて、ではどうするかと言う話ですよね。

本サイトでは仕事をしている、していない、或いは今お金を持っている、持っていないに関わらず、豊かになる為の提案をしています。

具体的にはお金を作り運用して行く事です。
資金作りであり資産運用であり投資です

残念ながらこうした投資の類の話には本当に如何わしいもの、詐欺的な話も多いです。
それ故か、特に日本人の方にとっては非常に距離を取る方が多い分野です。

けれどもこれからの社会をサバイブして行く上で、正しい資産運用や投資の知識は確実に必要で、高い価値を持ちます。

間違った情報や詐欺的な勧誘に騙されない為にも正しい知識を持つべきです。
ニュースなどでは、長年真面目にコツコツとお金を貯め続けて来た人が老後の不安などに駆られて詐欺的な投資話に虎の子のお金を預けて被害に合うケースがしばしば報道されます。

ほとんどの場合、実際には欲に駆られたと言うよりは、将来への不安と投資知識の不足から来る問題では無いかと思っています。

巧妙な話も有りますが、驚くほど稚拙な投資話に騙されるケースも多いのです。

お金を生み出す知識お金を増やす知識守る知識が必要です。

3つのステップ

ステップとしては3つです。
●お金を生む
●お金を増やす
●お金を守る
但しお金はあくまで何かを実現する為の手段であって、目的では無いと思っています。

ただお金が多くの選択肢を与えてくれる事も事実です。なので無理なく取り組める続けられる事が大切と考えています。

その上で、まずお伝えしたい事なのですが、現在多くの方にとっては、給料を倍にするよりも資産を倍にする事の方が容易だと言えます。

既に膨大な資産を抱えている方は別ですが、現在の環境では一般の方はほとんどが当てはまると思います。

お金を生む

とは言え、まずその資産(お金)が無いと言う方もいらっしゃると思います。

投資に限った話ではないですが、何かをしたい、やろうと言った時にはしばしばお金が必要になります。

中にはお金があり余って悩む必要もない人もいるのでしょうが、大概は余計なお金などありません。

なので投資に回すお金などないと言うのは本音でしょうし、増えるかどうか分からないもの、減るかもしれないものにお金など出せないと言うのも真っ当な考え方だと思います。

でも、例えば何も資金が無くても投資が始められるとしたらどうでしょうか。

現在、おそらくネットの世界や金融の世界は非常に大きな転換点にあって、別に危ない事や悪い事をしなくても、ちょっとした工夫でお金を獲得できる状況になっています。

一方でその後のお金を増やす手段、例えば投資の手段も、とても小さな金額から始められる様な方法が続々と生まれてきています。
何も資金が無くても投資は始められます。

ほぼ誰でもお金を生み出して増やすと言うルートが整備されている状況が既にあるのです。

お金を増やす

お金を増やす手段も拡がりました。何と言っても資産を増やす為の環境が10年程前とは全く違うものになっていて、個人が簡単に投資を始められる様になりました。

現在は間違いなくかつて無い程に多彩な運用手段を個人が実行できる状況にあります。

イメージしやすいものだけでも、株式投資FX外貨預金仮想通貨不動産と言った以前は限られた人しかできなかった投資方法がいつの間にか個人に対しても驚く程始めやすい形に整備されてきています

一方ではお金を増やす手段についても、日々新しいものが生まれています。
まだ一般的には知られていない様な(でも真っ当な)方法も沢山あります。

あるいは海外に目を向けると言う方法もあります。海外には日本では
考えられない程の多彩な手段が揃っています。

投資や運用をする側にとって驚くほど有利なものもあります。

何より、資産を増やす為にはお金自身に働いて貰うのが本当に有効な方法になるのです。

お金を守る

お金が増やす事と同時にお金を守る事も大切になります。

リスクの管理ですね。お金を運用すると言う事には多かれ少なかれリスクがあります。
銀行預金であってもその例外では有りません。

実際にはお金を大事に持っておくだけでもインフレなどのリスクがあります。
大切なのは自分のお金やその運用方法にどれ位のリスクがあるのか、どれ位のリスクまで抱えるのかを分かっておく事です。そうすればリスクに対して期待できるリターンがどれ位あるかを図れば自ずと運用スタイルは決まってくるのでは無いでしょうか。

もっとも現実にはこっちの方が楽しい、と言う要素も少なからず影響するのですが、リスクが分かってさえいれば、それも良しと言う事になるでしょう。

或いはリスクを相殺する、と言う方法も有ります。反対の作用をする投資手法を組み合せてリスクを減少させる、あるいは消滅させる方法です。

こうした方法は中々人から聞く機会も無いですし、教えても貰えません。
ただ知っている人と知らない人とで圧倒的な有利,不利が発生してしまう事は明らかです。

まとめ

要はお金を上手に増やして行きましょう、と言う話に尽きます。それも楽しく!です。

仕事やバイトをしているのであれば、それはそのまま生活を支えて頂いて、それ以外の部分、休日や仕大切な以外の時間を使ってお金を増やす事を提案したいと思います。

自分も仕事をして、お金にも働いて貰えばやはり効率が良いのです。

上手く進んで仕事しなくても良くなれば…それはもう好きにして下さいww。

何にしても必要なのは正しい知識です。
決して難しい話とかではありません。

お金を生み出して増やして守りましょう

そして人生を豊かにできたら良いですね

ふぁいなんす倶楽部
ふぁいなんす倶楽部
https://oversea.tokyo/archives/517
楽しみながらお金を作って、増やして、豊かになってしまおう!というお金と投資のサイトです。

コメント