次世代仮想通貨ウォレット「Ginco」の解説

仮想通貨
スポンサーリンク

重要性を増すウォレット

2018年1月にCoincheck社で起きた仮想通貨ネム(XEM)の大量流出事件を機に、個人のウォレットで仮想通貨資産を管理する必要性を訴える意見が多くなってきました

確かに取引所はハッキングのターゲットになり易いので、何千万、何億円相当の仮想通貨資産を保有している人にはハードウォレットでの保管を検討する必要が有ると思います。

けれども一般の人にとってはハードルウォレットでの保管が中々簡単では無い事も事実です。

信頼性の高いハードウォレットは1~2万円程しますし、全ての通貨に対応できる訳でもありません。

仮想通貨資産がそこまで多くない人にとっては「安全」の為だけにそこまでお金を掛けると言うのは考えにくいと言うのが正直な所だと思います。

そうした方達に「安全の為だけでは無いウォレット」として紹介したいのがスマートフォン用モバイル·ウォレット·アプリのGinco」です。

日本の会社が開発した安全性と利便性を兼ね備えた注目のアプリです。

Ginco

Ginco(ギンコ)2018年にリリースされたスマートフォンで簡単かつ安全に仮想通貨を管理できるモバイルウォレットアプリです。無料でダウンロード可能です。

安全性はもちろんですが、それだけでは無くERC20規格のAir Dropが受け取れるなど魅力的な機能を備えています。

今後も様々な機能の実装が予定されておりアプリを入れておいても損は無いなあと思わせるだけの魅力を持っています。

取扱い通貨

Ginco201881日現在iOS版のみ対応となっていますが、Android版も近日リリース予定となっています。

取り扱っている仮想通貨は

ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
オーガー(REP)
OmiseGO (OMG)
0x(ZRX)
DigixDAO(DGD)
Kyber Network (KNC)
 Status (SNT)
トロン(TRX)
 ZILLIQA(ZIL)
 Decentraland(MANA)
ライトコイン

となっています

Gincoでは各仮想通貨の入金·出金の手数料は無料です。但し各仮想通貨が元々設定している送金手数料(ブロックチェーン手数料)は発生します。

安全性の確保

スマホアプリのウォレットはモバイルウォレットとも呼ばれます。

導入や使い方が簡単で利便性が高いですが、反面スマホの紛失·盗難·故障のリスクやハッキングされるリスクを抱えています

Gincoではクライアント型ウォレット方式と独自の暗号化技術によって高い水準の安全性を実現しました。

仮想通貨のウォレットでは一般に知られても問題の無い「公開鍵」と自分だけの「秘密鍵」と言う2つの鍵を使って取引が行われます。

取引所では運営会社のサーバーで各ユーザーの秘密鍵を集中管理している為、運営会社がハッキングされてしまうと資産が全て流出してしまう危険性があります。

これに対してクライアント形ウォレットではこの秘密鍵を自分の端末で保管する事でハッキングリスクを大幅に減らす事ができます。

またGincoではバックアップ設定の用意が有り、設定をしておけばスマートフォンを紛失、故障してしまったり、機種変更をした時でもアプリ内の仮想通貨資産を復元させる事ができます

日本製のアプリ

モバイルウォレットはこれまでにも様々なウォレット製品がリリースされていました。

ただその殆どは海外製の製品で有り、英語あるいは英語を日本語訳した文章になっていて、レイアウトなども含めて日本人にはやや使いづらいものが多かったと言うのが実情です。

Gincoは日本人による開発の為当然言葉は分かりやすく、また意図的にシンプルですっきりしたデザインになついて直感的に操作ができます。

運営会社

Gincoを開発しているのは201712月設立の新興企業、株式会社Gincoです。

●会社名:株式会社Ginco (Ginco Inc.)
●設立:20171221
●代表者:森川夢佑斗
●資本金: 1000万円(資本準備金含む)
●事業:仮想通貨ウォレットアプリGinco」の企画·開発·運用
●本社東京都渋谷区南平台町15-10 MAC渋谷ビル

創業者の森川夢佑斗CEOは京都大学在学中に起業し、仮想通貨向けアプリの開発やブロックチェーン関連事業のコンサルティングを行なってきています。

「ブロックチェーン入門」などの著書も有り仮想通貨やブロックチェーン技術を熟知している起業家です。

森川氏の他にもLINE Payの事業戦略担当の経歴を持つ房安陽平氏(COO)など、優秀な人材を抱えています。

開発資金の確保

20181月にはグローバル ブレイン社が運営するベンチャーキャピタルのグローバル·ブレイン6号投資事業有限責任組合(GB6号ファンド)から総額約1.5億円の資金調達が決定し資金面での体制も整いました。

今後Gincoに様々な機能を実装する計画が既に具体化しており、開発に期待が集まっています。

今後の実装機能

Gincoの機能については

ERC20規格のトークンへの対応⇒実装済
BTC, BCH, XRP、LTCなど主要通貨に対応→実装済
資産の状況を把握するポートフォリオ機能
仮想通貨同士を交換する両替機能
興味のあるプロジェクトに出資できるICO機能
普段の買い物で使えるデビットカード機能

などの実装が控えています。

Gincoのインストゥールと登録方法

Ginco201881日現在iOS版のみ対応となっています。近日中にAndroid版もリリース予定となっており公開が待たれます

i-Phone (iOS版)でのダウンロードと登録の手順は難しいものではありません。

App StoreからGincoアプリをダウンロードします。
アプリを開いて「今すぐ始める」をタップ。
ユーザー名(日本語、英数字共可)を入力し、右上の「次へ」をタップ。
暗証番号(数字6桁)を設定。自分で6桁の番号を決めて入力します。!
確認の為、暗証番号を再度入力します
重要事項と利用規約について同意するチェックを入れてGincoを始めるをタップします。

以上でインストールは完了です。
結構簡単ですよね。

バックアップ設定

登録ができたら初めにバックアップ設定をしておく事を強くお薦めします。

バックアップ設定をしておくと、スマホを紛失したり、故障してしまった時や機種変更の時にGincoに入れていた資産を復元させる事ができます。

バックアップ設定をせずにGincoを使っていて紛失、故障、機種変更などをしてしまうと資産を復元させる事ができなくなってしまいます。

バックアップ設定は「バックアップキー」と呼ばれる文字列を別途保存しておく事で設定できます。

バックアップキーは秘密鍵の生成に利用される12個の単語からなる文字列です。

バックアップキーは紙とペンでの保存を推奨されています。

よく画面の保存にスマホのスクリーンショット機能を使う事が有りますが、スクリーンショットでの保存ではスマートフォンが紛失、故障した場合にバックアップキーを表示できず、資産の復元ができないと言う事になります。

エアドロップが貰えるサービス

20187月、Gincoではウォレットを持っているだけで様々な仮想通貨が受け取れるサービス『Ginco Airdrop Program』の提供を開始しました

Gincoが提携しているエアドロップパートナーが発行するERC20トークンが貰えると言うサービスです。

トークン獲得に特別な手続きは必要ありません。

各トークンが将来どのくらいの価値を持つかは未知数ですが、現在のメジャーコインの多くもかつてはエアドロップをされた経緯を持っていますぐず同然になる可能性も少なくないですが、とんでもない価値に膨れ上がる可能性も否定できなぃのです。

何にしても無料で簡単に貰えるのであれば別に困りません。

Gincoの本当に魅力的な機能だと思います

まとめ

この様にGincoは単に仮想通貨の保管に留まらず、仮想通貨を有効に利用して行く為の機能が実装され、更に多くの機能が準備されています。

これらが実装されてくると正に次世代の仮想通貨ウォレット、次世代の銀行として利用されて行くのではと期待されています。

企業としてはまだベンチャーレベルかも知れませんが、優れたコンテンツを持つだけに、大資本による買収の可能性なども含めて今後大きく飛躍する可能性を充分に秘めています。

何よりAir Drop Programなどユーザーに利益の有るサービスも多いアプリなので試してみる価値はあると思います。Androidユーザーの方もサービスの提供開始を待つ価値の有るサービスだと思います。



ふぁいなんす倶楽部
ふぁいなんす倶楽部
https://oversea.tokyo/archives/1472
楽しみながらお金を作って、増やして、豊かになってしまおう!というお金と投資のサイトです。

ふぁいなんす倶楽部
ふぁいなんす倶楽部
https://oversea.tokyo/archives/535
楽しみながらお金を作って、増やして、豊かになってしまおう!というお金と投資のサイトです。

コメント